総量規制とおまとめローン

スーツの男性

総量規制は個人の場合、年収の3分の1以上の借入が制限される仕組みです。

このことにより、専業主婦などの収入がない人は、借入ができなくなってしまいました。また、年収の3分の1ですからまとまった金額の借入は難しくなります。
年収300万円の人なら100万円までですし、30代の男性の平均年収が500万円ぐらいですから3分の1ですと167万円ぐらいまでです

 

しかし、オリックス銀行やみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行などの借入限度額は500万円や800万円、1000万円など大きな金額を借り入れすることが可能です。
単純に考えると、800万円の融資を受けるには2400万円の年収が必要です。
平均年収から考えてもだれがいったい利用できるのか。なんて思う方もいると思います。

 

これには、総量規制の例外や対象外となる貸付があります。
総量規制の対象にならない貸付があり、その中に「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。
「顧客に一方的有利となる借換え」はおまとめローンなどが入ります。

男性

ちなみに、「顧客に一方的有利となる借換え」とは
☆毎月の返済金額が、今よりも少なくなる
☆総返済金額が、今よりも少なくなる
☆返済期間が、今よりも短くなる

 

なので、多額の借入金額がオリックス銀行やみずほ銀行などにもあり、それらはおまとめローンにも使えるということになります。

 

総量規制があるから、今ある借金をまとめることができない・・・なんて悩まずに、申込みしてみると良いです。その際には電話相談などをしてみるとスムーズに手続きができたりもします。上手に活用して、今ある借金を上手に返済してください。